トライオートETF-2021年2月~1-2ヶ月目~

トライオートETF

1月の途中から始めていたので今回は1ヵ月とちょっとの損益となります。
2/27に集計した結果となります。

スポンサーリンク

設定

トライオートETFの認定ビルダーの中から『ナスダック100トリプル_大暴落でも継続運用』というプログラムを一部設定を変えて使わせてもらっています。

詳しくは解説記事というのがあるのでそちらで
https://www.invast.jp/blogs/auto-select/award-builder/nasdaq_suzu2101

いつも通り簡単に書くと

上昇傾向&3倍変動のナスダック100トリプル
0ドル~160ドルまでのレンジ
ちゃんと資金管理をすれば基本的には0ドルまで耐えられる(その他のリスクはあり)
1セットの必要資金は約100万円

という感じです。
そして自分は以下の設定で運用しています。

基本設定

銘柄売買数量レンジ(ドル)注文本数利確幅(ドル)
ナスダック100トリプル4120~160208
ナスダック100トリプル480~120288
ナスダック100トリプル440~80468
ナスダック100トリプル40~4088

スタートダッシュ設定

赤字部分が自分で変更した設定です

銘柄売買数量レンジ(ドル)注文本数利確幅(ドル)
ナスダック100トリプル480~120285

今月の損益

※2021年1月途中から4500000円で運用スタート

証拠金預託額評価損益ETF有効証拠金開始からの損益
2月(1月途中から)4,633,583-136,8664,496,254-3764

まとめ

トラリピかトライオートETFか迷った結果トライオートETFで運用することにしました。
理由としては、イレギュラーなリスクはあるもののトラリピよりかは損の幅が分かる、コントロールできる(できそう)というところでしょうか。
文才がないので上手く伝えられませんが・・・。

解説記事にきちんと記載されていますが、スタートダッシュというのは4つに分かれているうち一番上の(120~160ドル)部分の資金が遊んでいる(現在価格が100前後のため)のでそこの資金を使って効率よく運用していくためのセットとなります。
ですので、120ドルを超えて一番上の部分の設定をした時点でスタートダッシュ運用は消すということになるようです。

といったところで現在の結果はというと、2月中盤まではガッツリ上がって、後半になるにつれてガッツリ下がったのでポジションはいっぱい取ったものの利確出来ずにマイナスが膨らんでいるという状態です。
感覚的にはトラリピと同じ感じでしょうかね。
また上げ相場になるのを待つのみ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました