インジケーター① MTF_ADXm_Sign

インジケーター
スポンサーリンク

 

今個人的に一番見るようになったインジケーターの紹介です。

↓こんな感じです。

ADXmは主にボラティリティを示すインジケーターになっているということです。

簡単に書くと青が買い。肌色?が売りです。

真ん中の点線が0なのでそれより上にいるときが買いが優勢。

下にいるときが売りが優勢な状態を表しているようです。

 

矢印がでてちゃんと確定したらその方向にトレードしていく。

矢印がでてしばらくした後でも買いと売りのどちらが優勢かを確認して他のインジケーターでトレードチャンスが来たらトレードしていく。

といった感じで使用していきます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

しかし画像の赤丸のところが要注意。

行ったりきたりしているので、経験上こういうところはそのままトレードしているとだいたいマイナスになります。

そこで自分はボリンジャーバンド・ストキャスティクスも確認してトレードは見送るか、トレードしたとしてもしばらく注意したほうがいいか等を考えます。

例えばですが、買い矢印がでたもののボリンジャーバンドがまったく閉じていってなかったりストキャスティクスも売られすぎゾーンから全然でてこなかったりしたらトレードは控えたりもし売りでもっていたらもう少し様子をみたりします。

どんなインジケーターでもそうですがこれを使えば勝てるって訳ではないけども、自分のやり方にあったインジケーターでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. yucchi より:

    お世話になっております。MTF_ADXm_SignがおすすめということでダウンロードしてMT4チャートに組み込みましたが、シグナルが表示されず動作しないのですが対処法はありますでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました