インジケーター⑤ GMMA

インジケーター
スポンサーリンク

インジケーター⑤ GMMA

このインジケーターは本とかでも紹介されたりしているので有名かと思います。

画像にはGMMAのロング(赤線)とショート(青線)を表示しています。

 

 

スポンサーリンク

基本的な使い方はロングでもショートでも5本で1つのインジケーターとしてみて5本が綺麗に並んでいるときにローソク足が下にいれば売り。

上にいれば買いです。

転換部分としては、売りゾーンにいた場合ローソク足が下から上に抜けてなおかつ5本のラインがねじれて順番が逆になったときに買い。

売りはその逆。ラインの上にいる状態から下に抜けてなおかつラインがねじれて順番が逆になったときです。

ラインが全部同じ色だとねじれが分かりにくいので5本のラインのうち端にある1本を別の色に変えています。

 

また、5本のラインの間隔が広ければ強いトレンド。狭ければレンジ又は売り買いが転換するかも、というような使い方が出来るようです。

 

個人的に現状では使っていないインジケーターですがまた手法を探るときがあれば使う候補に必ず出てくるインジケーターです。

意外と使っている人も多いようなので今手法を模索している人は使ってみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました