牛歩の稼ぎ力

色々試行錯誤してゆっくりでも着実に資産を増やしていく軌跡

種類

リップル(XRP)

投稿日:2017年9月25日 更新日:

スポンサーリンク

リップルに関することをまとめ書き。
新しい情報があれば随時更新していきます。

特徴

・リップル社が発行するデジタルアセット(仮想通貨)で単位はXRP。

・最大発行量は1000億XRP(ビットコインの上限は、2,100万枚)

・Googleが出資している。

・ベテラン開発者の Jed McCalebが率いるシリコンバレー・スタートアップ OpenCoin が開発。

・ビットコインネットワークでの送金は1秒間に6件ほどの処理に対し、
XRPのネットワーク(XRP Ledger)では1秒間に1000件以上の処理が可能。

・ブロックチェーンの技術は用いていない。

・2017年中にはSBIバーチャルカレンシー取引所を日本に開業予定、その後は香港に
国際的な仮想通貨取引所「SBI MAX」を開業予定と発表している。

・時価総額ランキングは上位。

 

スポンサーリンク

仕組み

・リップルの仕組みは、ビットコインの欠点を補った暗号通貨として注目されている。

・単一のオンライン通貨ではない。

・1リップルの料金を支払えば、ドル、ユーロ、円等、金銭を送受できる。

・1,000億リップルが流通した後は、新たな Ripple は作られない。

・リップルは通貨間のやり取りをするときに、通常の海外送金では中継の銀行を通しますが、
リップルのシステムを用いることにより、スピーディーな送金のやり取り、そしてコストの縮減を行っている。

 

今までの動き

・リップルは両替の機能を有する通貨ということで、通貨として長期保有としてではなく、
一時的な保有の傾向があるため、価格は上がりにくいと一部専門家の間で言われていた。
※実際2015年1月の高値から約2年間価格が安値で推移している

・しかし2017年3月末に東京三菱UFJ銀行がリップルを使った送金システムに
2018年から参加すると表明したことにより価格が高騰。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク

-種類
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ネム(NEM)XEM

スポンサーリンク ネムに関することをまとめ書き。 新しい情報があれば随時更新していきます。 目次特徴仕組み今までの動き 特徴 ・2015年に公開された仮想通貨のうちの1つ。 ・時価総額10位以内に入る …