牛歩の稼ぎ力

色々試行錯誤してゆっくりでも着実に資産を増やしていく軌跡

種類

ネム(NEM)XEM

投稿日:2017年9月25日 更新日:

スポンサーリンク

ネムに関することをまとめ書き。
新しい情報があれば随時更新していきます。

特徴

・2015年に公開された仮想通貨のうちの1つ。

・時価総額10位以内に入る。

・総発行数量は、8,999,999,999XEM。

・ビットコインのような、マイニング(採掘)という概念がない。

・NEMはもともとNew Economy Movement(新しい経済運動)の略称。

・金銭的な自由、分散化、平等、および連帯感の原則に基づき、新しい経済圏の創出を
 目標としてはじまった仮想通貨のプロジェクト。

・取引を行なった相手に依存し、NEMネットワークに積極的に参加する人間に報酬を与えている。

 

スポンサーリンク

仕組み

・仕組みとして採用されているPOI(Proof-of-importance)は、
 NEMのネットワークに貢献した人が利益を得られるというもの。

・NEMはPoI (Proof-of-importance)という仕組みを使っている。
 これによりビットコインやイーサリアムと違い、NEMは電力をあまり消費せず、
 そしてよりセキュリティ上堅牢なものになっている(セキュリティの高さも人気の理由の一つ)

・通常取引を際に取引を承認する「マイニング」は、より計算処理の高いコンピューターを持つものが有利で
 報酬を多く上げているのが現状であるが、この「プルーフオブインポータンス」は、
 その報酬をより分配するように工夫された仕組みになっている。

 

今までの動き

・ネムが大きく注目を集めることになったのは、2017年3月末からの上昇(3月~5月で約40倍)。

・依然として高い時価評価額をキープしており、今後も期待されている。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク

-種類
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

リップル(XRP)

スポンサーリンク リップルに関することをまとめ書き。 新しい情報があれば随時更新していきます。 目次特徴仕組み今までの動き 特徴 ・リップル社が発行するデジタルアセット(仮想通貨)で単位はXRP。 ・ …